Cryotec:
Where science
meets
life’s miracles

最先端の生殖医療機器を提供する、リプロライフへようこそ。
卵子と胚の凍結・融解において培養士の使いやすさを重視した、
最先端のクライオテック製品をご覧ください。

注目ニュースを見る

注目ニュース

クライオテックとは

クライオテックとは、当社の桑山正成によって開発された、革新的な卵子と胚の凍結・融解製品です。簡素化されたプロトコル、胚培養士に優しい製品デザイン、凍結保存において高い生存率を達成することに重点を置いています。

クライオテック®︎が
選ばれる理由

クライオテック法は、シンプルで安全な凍結・融解技術であり、どのようなステージの細胞にも適用することができます。

クライオテック法の利点

胚操作中の時間制限が少ない

細胞毒性が低いため、各ステップを注意深く観察し、確認しながら進めることができます。

同一のプロトコルで操作可能

浸透圧の変化を最小限に抑えることができるため、すべてのステージの卵子と胚を同じプロトコルで操作することができ、効率と利便性が向上します。

低毒性で安全な溶液

従来の方法ではガラス化が困難な低グレードの卵子や胚に対しても、安全な効果をもたらします。

デリケートな卵子・胚にも有効

患者の年齢や病状によって影響を受けやすい卵子や胚を安全にガラス化し、融解することができます。

優れた成功率

がん治療に臨む女性を含め、先制的な卵子凍結保存技術により女性の選択肢を広げます。

次世代のガラス化キット
Ready to Use

日本全国9ヶ所の不妊治療クリニックから、クライオテックReady to Use(RtU)の臨床成績データをご協力いただきました。対象のクリニックは、神奈川、千葉、東京、岩手、宮城、愛知、北海道、山口、岐阜の各県にあります。データはクライオテックRtUキットを使用して凍結および融解された456個の胚に基づいています。

同一施設における、RtU製品使用と他社製品使用時の妊娠率の比較

60%
40%
20%
0%
49%
他社製品
52%
RtU
製品比

このチャートは、クリニックが他社製品からクライオテックRtUに移行した後、胎嚢妊娠率が同等以上の結果が得られました。

桑山正成博士

生殖補助技術の
イノベーター

桑山正成博士 - 生殖補助医療(ART)における凍結保存の先駆者であり、ARTにおける凍結保存に革命をもたらしました。溶液の組成、凍結保存容器の設計、簡略化されたプロトコルなどにおける彼がもたらした進歩は、卵子と胚の凍結・融解の成功を向上させています。桑山は、より安全な凍結保存の必要性を認識し、加齢に伴う不妊症やがん治療中の女性に機会を提供しています。彼のたゆまぬ献身は、胚培養士に高い生存率とストレスのないガラス化のための技術革新をもたらしています。

Contact

クライオテック法の実技トレーニング、チャレンジ100へのエントリー、また分析証明書(COA)のご請求に関しては、問合せフォームからご連絡ください。