株式会社リプロライフ

ガラス化とは

ガラス化凍結法とは、数ある細胞凍結法の中のひとつであり、もっとも簡便かつ安全な方法として現在世界中に普及しています。 卵子や胚を安全に、半永久的に、理論上はその品質を落とすことなく保存することが可能です。 妊孕能温存や不妊治療の手段として、「いつか来る大切なその日まで、卵子・胚の時間をとめおく」という大きな役割を担っています。

ガラス化の歴史

1949年
Polge
グリセロールによるニワトリ精子の凍結保存成功=凍結保護物質の発見
1972年
Whittingham
緩慢凍結法による初のマウス胚凍結保存に成功
1977年
Willadsen
簡易緩慢凍結法の確立
1983年
Trounson
凍結保存胚による初のヒト妊娠分娩例を報告
1985年
Rall,Fahy
ガラス化凍結保存法による初の胚凍結に成功
1991年
Kuwayama
16step法によるウシ胚のガラス化凍結保存に成功
1999年
Kuwayama
最少容量冷却法(MVC法)による初のヒト卵子ガラス化凍結保存に成功
2000年
Kuwayama
Cryotop法の確立
2003, 2004年
Kuwayama
米、南米、欧州にて初の凍結保存卵子による妊娠分娩に成功
2012年
Kuwayama
Cryotec法の確立

ガラス化の仕組み

ヒトの身体の約60%は水分でできていると言われるように、細胞の中にはたくさんの水が含まれています。 水は自然界で唯一、固体化時に体積が膨張する物質です。