株式会社リプロライフ

テクニック

過去細胞凍結の手法として主流だった緩慢凍結法は、凍結保護物質に浸漬した細胞を一定の温度まで徐々に冷却し、細胞外に発生した氷晶による浸透圧差で細胞内を脱水し凍結するもので、これにはプログラムフリーザーと呼ばれる専用の機器と、長時間の作業が必要とされていました。 これに比べガラス化凍結法は特別な機器を必要とせず、また作業時間が極めて短いため現在一般的に普及しています。

Q&A